住まい・生活・暮らし提案サイト ライフスタイルポータル

  • トップ
  • >
  • 登記
  • >
  • 不動産売買と登記「ローン返済と登記」

ローン返済と登記

住宅・不動産の取得に際して、住宅ローンなどの融資を受け、その後無事に完済した場合、抵当権は役割を終了し、消滅します。この性質を「抵当権の付従性」といいます。ローンなどが完済した際に、抵当権は消滅しても登記された抵当権が自動的に消えるわけではありません。抵当権設定登記を行った場合は、完済した際には「抵当権抹消登記」を行なう必要があります。 債務の弁済が終了し、抵当権者である金融機関から、抵当権抹消に必要な書類が送付されてきますので、速やかに「抵当権抹消登記」を行ないましょう。

抵当権設定に必要な書類は以下の通りです。

書類名称 内容
抵当権解除証書

抵当権を解除したことを示す内容の書類です。融資の完済後、抵当権者である融資を受けた金融機関から交付されます。

抵当権設定登記済証

抵当権設定登記を行なった際に法務局から交付された登記済証です。抵当権設定後は、抵当権者が保管しています。通常、融資の完済後に抵当権者である金融機関などから交付を受けます。

代理権限証書 (委任状)

登記手続きの代理を依頼した場合、代理権限証書としての委任状の提出が必要になります。通常、司法書士に依頼します。

資格証明書

抵当権者が金融機関などの法人の場合は、代表者資格証明書が必要です。
期限は、発行後3ヶ月以内のものです。

変更証明書

抵当権者の本店所在地や住所、商号などに変更がある場合にはそれを証明するための変更履歴が記載されている書類が必要です。